この記事はたぶん 3 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー ぱっかん(@pakkan316
映画と散歩が好き。

早良さわら区と言えば、「西新」などの都会的な部分の印象が強いですが、山の方にある「早良区早良」という「区と同名の町」は、意外にも田舎な感じでした。
本日はそんな「早良」を散策してきました。

散歩日:2020年5月

福岡散歩ブログって?
福岡市近辺の何気ない道を、ただひたすらに散歩するというニッチなローカルメディア。
ローカル系の情報ブログはどれも「グルメ」だったり「〇〇公園」だったりと、何かしらのロケーションをピックアップして記事にしていますが、僕の散策日誌はむしろ「散歩」がメインであり、マジで何のロケーションも見つけずに散歩が終了することもあります。ご了承ください。

今日の散歩コースは「早良区早良」

この辺の特徴

山のふもとに近い町で、水田が多く、緑と水に癒されます。

早良区→中央区→博多湾と流れる「室見川」の通り道。

電車が通っておらず、バス停も「国道263号線」にのみ走ってる感じなので、縦横無尽に動き回りたい場合は車で訪れるのがベストかも。

目立った観光施設は無いので中々訪れる機会は無いと思いますが、福祉施設等が整っているので、ファミリーがゆったりと住んだりするには丁度良い町だと思います。

散歩日誌

ファミリーマートからの景色
ファミリーマートからの景色

都心部では無いのでコンビニが貴重です。
パーキングも少ないので、やっと車を停められました。

このファミマでコーヒーを買って、駐車場でそのまま軽く休憩しました。(ちなみにこのファミマはめっちゃキレイだった)
上記はそんなテンションで撮影した一枚ですが、奥に見える山は「脊振せふり山地」だと思います。

雨が降ってるのもあって、霧がかかって良い感じの雰囲気を醸し出しています。

脊振せふり山地」とは
福岡県と佐賀県の県境をまたがる山地。
福岡市よりかなり南部にある「久留米」等からでも視認できるくらい大きい山。
山地内にある「海水淡水化施設」からは、福岡市の水道水の約3割を補充している。
水田と戸建て住宅
水田と戸建て住宅

早良の景色のほとんどが「戸建て住宅」と「水田」です。
時折マンション・アパートもあります。

さわらふれあいの里
さわらふれあいの里

とても評判の良い老人ホームがありました。
ユニット型特別養護老人ホーム「ふれあいの里」。

さわらふれあいの里|社会福祉法人ふれあい 特定医療法人 福西会

 

このような施設があると、高齢者が居るファミリーでも安心して生活できますね。

室見川
室見川

川沿いを歩くと、結構近くで川の流れを見られます。
水流の音が心地良い。

見晴らしが良く、どこからでも背振山地が見える
見晴らしが良く、どこからでも背振山地が見える
室見川と大井手橋
室見川と大井手橋

「大井手橋」の近くには、コンクリート工場と中古車販売のお店がありました。

西福岡宇部コンクリート(株) 本社工場
西福岡宇部コンクリート(株) 本社工場

自動車修理の「カーセクションナンバー2」と中古車販売の「カーランドウィン」
自動車修理の「カーセクションナンバー2」と中古車販売の「カーランドウィン」

こういう開けた工場でサバゲーとかしたらめっちゃ楽しいだろうな。。。と毎回思います。

さて、更に歩くと水田の間のあぜ道みたいなところに出ました。

あぜ道と用水路
あぜ道と用水路
水田から排水される水の音が心地良い
水田から排水される水の音が心地良い

僕の実家が「みやま市高田町」という田舎で、家業も農業だったので、子供の頃はこういう道ばかりを歩いていました。
懐かしい感じを思い出しますね。

というわけで本日の散歩は以上です。

やっぱり僕は、有名な観光地よりもこういう「盛り上がってないところ」を歩くのが好き。



この記事を書いた人

名前:ぱっかん(@pakkan316

大袈裟な旅行よりも小さな散歩が好き。
そんなわけで散歩ブログを始めました。

「福岡散歩ブログ」について

福岡にはたくさんの有名観光地がありますが、あまり人が多いのが好きじゃないので、結構ひっそりとその辺の道路を散歩して楽しんでます。
Youtubeでも散歩レポートを紹介したり、ゲーム実況をしたりしてます。

Youtubeチャンネル(外部)

ぱっかんが運営してる他メディア:
ぱっかんブログ(外部)
やるゲーブログ(外部)

※当ブログに掲載している情報は全て記事執筆時点のものです。お店情報の変更等は気付き次第更新してますが、情報が確実では無い場合があります。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Visited mapぱっかんの散歩マップ

実際に僕が伺った場所をまとめた「散歩ログマップ」です