新着記事

【宗像市】「釣川」沿いの遊歩道を散歩。抜群の解放感に涙した。

【宗像市】「釣川」沿いの遊歩道を散歩。抜群の解放感に涙した。

この記事はたぶん 3 分で読めます。

「釣川」沿い、抜群の見晴らしを体感出来る癒しの遊歩道。

宗像市を横断する、緑と青が素晴らしい「“釣川”沿いの遊歩道*」を散歩してきました。
*特に名前が場所なので当記事ではそう呼びます

というわけで本日は、「“釣川”沿いの遊歩道」の雰囲気とかを紹介します。

福岡散歩ブログって?

福岡市近辺の「何気ないけどちょっとワクワクするスポット」を紹介する、超絶ニッチなローカルメディア。
フォトギャラリーで知ってる場所が出てくるかも..?

運営者:@ぱっかん
散歩が趣味で、年間200回程度の散歩をこなす暇な人。
90年生まれ。

「“釣川”沿いの遊歩道」について

宗像市には「釣川」という長い川が流れていますが、その川に沿って緑が多い遊歩道も設置されています。
この遊歩道も全長だと2kmはありそうな長さですが、今回散歩したのは「徳重桜公園」から「神興橋(全面ウッド調の小さな橋)」までの数百メートルの区間です。

名前 “釣川”沿いの遊歩道
場所 〒811-4164 福岡県宗像市徳重
入場可能時間 特に無し


※「徳重桜公園」の住所を表示しています

「“釣川”沿いの遊歩道」散策の様子

【宗像市】「釣川」沿いの遊歩道を散歩。抜群の解放感に涙した。 遊歩道遊歩道

前回のエントリー「徳重桜公園」の続きです。
公園で休憩した後にそのまま歩きました。

前回同様「嫌なことから逃れたくてココへ来た」という心境なので、こういう緑と青が深い景色が染みます。

少し歩いたら、なにやら個性的なオブジェクトがありました。

【宗像市】「釣川」沿いの遊歩道を散歩。抜群の解放感に涙した。 道中にある不思議なオブジェクト道中にある不思議なオブジェクト
【宗像市】「釣川」沿いの遊歩道を散歩。抜群の解放感に涙した。 「such a lovely place 2005 村田茜」と書かれてある「such a lovely place 2005 村田茜」と書かれてある

“such a lovely place”
“とても素敵な場所”

本当に、なんと素敵な場所なんでしょうか。

モニュメントは他にもあります。

【宗像市】「釣川」沿いの遊歩道を散歩。抜群の解放感に涙した。 今度は縦長のモニュメント今度は縦長のモニュメント
【宗像市】「釣川」沿いの遊歩道を散歩。抜群の解放感に涙した。 DANAE 坂口沙代DANAE 坂口沙代

曲線が美しい。

芝生の緑と突き抜ける青空。
そしてこれらのモニュメント。

まるで美術館の屋外コーナーにいるみたい。

【宗像市】「釣川」沿いの遊歩道を散歩。抜群の解放感に涙した。 住宅地の奥の山もまた美しい住宅地の奥の山もまた美しい
【宗像市】「釣川」沿いの遊歩道を散歩。抜群の解放感に涙した。 奥に「神興橋」が見える奥に「神興橋」が見える

「神興橋」は次回の記事で紹介します。

 

遠くから見ると「凄く錆びた橋」に見えますが、実はこれ全面ウッド調。(次回の記事を楽しみに待っててください)

そして僕が好きな「屋根付きの休憩スペース」を発見。

【宗像市】「釣川」沿いの遊歩道を散歩。抜群の解放感に涙した。 屋根付きのベンチ屋根付きのベンチ

周辺の山々や田んぼを眺望しながら休憩できますね。

改めて、この辺は本当に清々しいスポットです。
なんとなくボンヤリしたい時に、福岡市内から車を50分走らせてでも来たくなります。

というわけで「“釣川”沿いの遊歩道」の散策レポートでした。



この記事を書いた人

ぱっかん

名前:ぱっかん(@pakkan_sanpo

webサイト制作やコンテンツマーケティングの仕事をしています。
大袈裟な旅行よりも小さな散歩が好き。

福岡にはたくさんの有名観光地がありますが、「福岡散歩ブログ」では僕が「何気ないけどちょっとワクワクする」と感じたニッチなロケーションを主に紹介しています。
記事を読み終えた後に「近所をちょっと歩きたくなったな」と思ってもらえるような、そんなメディアでありたい。

「福岡散歩ブログ」について

お問い合わせはこちら:お問い合わせフォーム

※当ブログに掲載している情報は全て記事執筆時点のものです。お店情報の変更等は気付き次第更新してますが、情報が確実では無い場合があります。ご了承ください。

コメントを残す

\暇な人にオススメ/

gotoルーレット フォトギャラリー

Visited mapぱっかんの散歩マップ

実際に僕が伺った場所をまとめた「散歩ログマップ」です