この記事はたぶん 2 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー ぱっかん(@pakkan_sanpo
フォトギャラリーで知ってる場所が出てくるかも?←Check!

三川坑跡みかわこうあと」散策後半(前半はこちら

「三川坑」散策の様子

【大牟田】「三川坑跡(みかわこうあと)」を散策(後半)【命賭けの石炭採掘】 三川坑
三川坑

前回の続きですが、上記が「三川坑」そのものです。
正にここで鉱員たちが人車(人運搬用の電車)に乗り、猛スピードで現地へ向かう。
もうこの時点で命がけ。。。

案内人の説明を聞いてるだけでヒヤっとします。

【大牟田】「三川坑跡(みかわこうあと)」を散策(後半)【命賭けの石炭採掘】 人車ホーム
人車ホーム

ヘルメットなどの採掘キットを装備した後、そのまま人車に乗り込みます。
一列に3人乗るそう。

【大牟田】「三川坑跡(みかわこうあと)」を散策(後半)【命賭けの石炭採掘】 人車搭乗者注意事項
人車搭乗者注意事項

注意書きも当時のものがそのまま残っています。

【大牟田】「三川坑跡(みかわこうあと)」を散策(後半)【命賭けの石炭採掘】 操作盤のようなもの
操作盤のようなもの

こちらは人車を制御する操作盤か何かでしょうか。

【大牟田】「三川坑跡(みかわこうあと)」を散策(後半)【命賭けの石炭採掘】 操作盤のようなもの

錆た感じが凄く良い。
僕のような廃墟フェチにもオススメの場所です。

【大牟田】「三川坑跡(みかわこうあと)」を散策(後半)【命賭けの石炭採掘】 繰込場(くりこみば)
繰込場(くりこみば)

繰込場くりこみば」の中で鉱員たちはセットアップしたり、作業の確認をするそう。
そして先ほどの人車に乗り込むという流れみたいですね。

【大牟田】「三川坑跡(みかわこうあと)」を散策(後半)【命賭けの石炭採掘】 人車点検場
人車点検場

朽ちた人車が残っています。

【大牟田】「三川坑跡(みかわこうあと)」を散策(後半)【命賭けの石炭採掘】 恐らく炭鉱運ぶ用のトロッコ
恐らく炭鉱運ぶ用のトロッコ
【大牟田】「三川坑跡(みかわこうあと)」を散策(後半)【命賭けの石炭採掘】 山ノ神神社(安全祈願の為に建てられた)
山ノ神神社(安全祈願の為に建てられた)

そして以下は「炭塵たんじん爆発」による犠牲者をたたえた慰霊碑です。

【大牟田】「三川坑跡(みかわこうあと)」を散策(後半)【命賭けの石炭採掘】 三川抗炭人爆発慰霊碑
三川抗炭人爆発慰霊碑

三井三池三川炭鉱炭塵爆発(みついみいけみかわたんこうたんじんばくはつ)は、1963年(昭和38年)11月9日に、福岡県大牟田市三川町の三井三池炭鉱三川坑で発生した炭塵による粉塵爆発事故である

歴史的な大事故だそうで、当時現役だった案内人の方は、たまたま欠勤だった事で奇跡的に生きながらえたそう。

石炭を積んだトロッコが脱線し、粉塵が中を舞い、そしてトロッコの火花が引火し爆発に繋がったそうです。

 

慰霊碑には、実際に亡くなられた方の名前と年齢が記載されており、一番若い方で18歳だったと記憶しております。

また五十音順で書かれているのですが、同じ苗字で、名前を見る限り「兄弟か親子」と思われる方もいました。
胸が締め付けられます。

最後に、帰り際に見かけた「採掘キット」を掲載します。

【大牟田】「三川坑跡(みかわこうあと)」を散策(後半)【命賭けの石炭採掘】 採掘キット
採掘キット

以上、三川抗の散策でした。
まだ世界遺産には登録されていませんが、三池炭鉱周りでは最も見応えのある施設です。

興味のある方は是非伺ってみてください。



この記事を書いた人

ぱっかん

名前:ぱっかん(@pakkan_sanpo

職業はフリーランスのweb制作エンジニア。
大袈裟な旅行よりも小さな散歩が好き。
そんなわけで散歩ブログを始めました。

「福岡散歩ブログ」について

福岡にはたくさんの有名観光地がありますが、あまり人が多いのが好きじゃないので、結構ひっそりとその辺の道路を散歩して楽しんでます。
Youtubeでも散歩レポートを紹介したり、ゲーム実況をしたりしてます。

Youtubeチャンネル(外部)

ぱっかんが運営してる他メディア:
ぱっかんブログ(外部)
やるゲーブログ(外部)

※当ブログに掲載している情報は全て記事執筆時点のものです。お店情報の変更等は気付き次第更新してますが、情報が確実では無い場合があります。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\暇な人にオススメ/

gotoルーレット フォトギャラリー

Visited mapぱっかんの散歩マップ

実際に僕が伺った場所をまとめた「散歩ログマップ」です