この記事はたぶん 4 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー ぱっかん(@pakkan316
映画と散歩が好き。

福岡市中央区平尾にある「平尾山荘」「山荘公園」辺りを散策してきました。
住所としては、「平尾5丁目」付近ですね。

何度か通ったことがあり、その都度「なんかおもむきのある建物だなぁ」とは思っていましたが、今回はいよいよ「平尾山荘とは何なのか」について突き止めたいと思います。(ミステリー探検隊的な)

散歩日:2019年11月29日(金)

福岡散歩ブログって?
福岡市近辺の何気ない道を、ただひたすらに散歩するというニッチなローカルメディア。
ローカル系の情報ブログはどれも「グルメ」だったり「〇〇公園」だったりと、何かしらのロケーションをピックアップして記事にしていますが、僕の散策日誌はむしろ「散歩」がメインであり、マジで何のロケーションも見つけずに散歩が終了することもあります。ご了承ください。

今日の散歩コースは「平尾5丁目」

スタート(オレンジ):交差点「山荘公園」
ゴール(青):「NTT第一平尾社宅」の辺り
距離:約0.5km

この辺の特徴

「平尾山荘」は芝が生い茂っており、日陰も多く、比較的涼しいです。
今回散歩したのが11月だったので「涼しい」という表現はおかしいですが、たぶん夏でも涼しいと思います。

「平尾山荘」の向かいに「山荘公園」があり、こちらは近隣住人が子供連れで遊びに来てる感じですね。

その2か所を散策した後、坂を昇って住宅街の方へ行きましたが、こちらもとても静かで癒されました。

道中にあった個性的なロケーション

・平尾山荘
・山荘公園

散歩日誌

山荘公園
山荘公園

「山荘公園」は、住宅街に良くある、至ってシンプルな公園です。
全体的にキレイで、子供用の遊具が充実していました。

上記写真の更に左側にはグラウンドもあります。

そして「山荘公園」の向かいに「平尾山荘」があります。

平尾山荘(入り口)
平尾山荘(入り口)

上記写真内の石碑(写真奥)には、「野村望東尼のむら もとに山荘跡」と書かれています。
恐らくですが、「平尾山荘 = 野村望東尼のむら もとに山荘跡」と捉えて良さそうです。

平尾山荘
平尾山荘

この建物が「平尾山荘」ですが、この建物が含まれるエリア全体も「平尾山荘」と呼ばれています。

 

「呼ばれている」というか、どうやらこの管轄そのものに名前が無い為、「平尾山荘」と言えばこの区画全体を指すような感じになってます。

平尾山荘内(右奥にあるのは「野村望東尼」の銅像
平尾山荘内(右奥にあるのは「野村望東尼」の銅像
野村望東尼のむら もとにとは
勤皇活動に積極的だった歌人。
「勤皇」とは、天皇に忠誠を誓う思想のこと。

作品として、「向陵集」「上京日記」「姫島日記」「防州日記」等を残している。

平尾山荘とは、この「野村望東尼」の隠れ家的な建物のようです。

石碑と排水溝
石碑と排水溝

ラピュタ的な何かを感じます。
神秘的。

平尾山荘更生道路寄付芳名碑
平尾山荘更生道路寄付芳名碑

この石碑についての詳細は、ググっても見当たりませんでした。
ただ、写真では分かりづらいですが、近くで見ると人の名前のようなものが掘ってあります。

恐らく、道路更生費用を寄付した方々の名前だと思われます。

ベンチ(平尾山荘内)
ベンチ

ご覧の通り、ゆったりするには最高のロケーション。

さて、そろそろ平尾山荘を出ます。

交差点「山荘公園」
交差点「山荘公園」
「山荘公園」と「平尾山荘」の間の道路
「山荘公園」と「平尾山荘」の間の道路

道路は真っすぐと伸びています。
のどか。

深夜にここを歩くこともありますが、街灯もありそこそこ明るい。

しばらく歩くと、なんとなくレトロさを感じる街並みがありました。

レトロな建物群
レトロな建物群

哀愁のあるたばこ屋がありますが、営業されているのでしょうか。
少なくともこの日はシャッターが閉まっていましたが、閉業中かどうかは不明。

個人的に、たばこ自体はそう好きではありませんが、こういうこじんまりとしたたばこ屋はあまり潰れてほしくないと思ってます。
やっぱり雰囲気が良い。凄く。

さて、太陽に向かって坂を昇ります。

住宅街へ続く道
住宅街へ続く道
「NTT第一平尾社宅」の近く
「NTT第一平尾社宅」の近く

空が青い。
この近くで、電線か何かを点検してる作業着のおじさんが居ました。
クリップボードに何かを書き込んでいます。

この平和な世界に、このおじさんと二人きり。
なんか、言いようの無い心地良さを感じました。

というわけで本日の散歩は以上です。
ありがとうございました。

散歩後の感想

歴史的な文献を読み漁るのが苦手で、「平尾山荘」についての情報を理解するのもかなり時間がかかりました。
やっぱりこの手の(教科書に載らないような)マイナーな遺跡は、ググっても情報が出ないことが多く、また出てきても、やたら堅苦しい文章で、僕のようなアホは咀嚼そしゃくするのに時間がかかります。

 

当記事で紹介した内容は飽くまで僕のレポートなので、確実に正しい情報ではありません。ご了承ください。

そのうえで、たぶん歴史マニアの方がこういう場所に訪れると、過去の出来事をリアルにイメージ出来て、より楽しいんだろうなと思います。

僕はどちらかと言うと、「今、ここがいかに心地良いか」にこだわるので、深い歴史があるロケーションの散策は、意外と苦手なんだなと痛感。(実際に今回の散策で一番萌えたのは「排水溝」だった)

でも深堀りは楽しいので、もっと知識を深めていきたい。



この記事を書いた人

名前:ぱっかん(@pakkan316

大袈裟な旅行よりも小さな散歩が好き。
そんなわけで散歩ブログを始めました。

「福岡散歩ブログ」について

福岡にはたくさんの有名観光地がありますが、あまり人が多いのが好きじゃないので、結構ひっそりとその辺の道路を散歩して楽しんでます。
Youtubeでも散歩レポートを紹介したり、ゲーム実況をしたりしてます。

Youtubeチャンネル(外部)

ぱっかんが運営してる他メディア:
ぱっかんブログ(外部)
やるゲーブログ(外部)

※当ブログに掲載している情報は全て記事執筆時点のものです。お店情報の変更等は気付き次第更新してますが、情報が確実では無い場合があります。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Visited mapぱっかんの散歩マップ

実際に僕が伺った場所をまとめた「散歩ログマップ」です